[Top]

続報:KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL 持って,
湘南,辻堂海岸を散策してきました



買ったばかりの大切なカメラに「潮風の洗礼」を与えてきました. 帰宅後,ちゃんと清掃したから大丈夫でしょう. なんとなく,AF50mm/F2.8マクロを装着して出かけました. レンズ一本勝負です.

上記写真において,ISO 250のものがあれば,間違いなく「ZONE HIGH」にて 撮影したこと表しています. ISO 100の場合には,そのままISO 100で撮影したのかもしれませんし, 「ZONE LOW」にて撮影したのかもしれません. 潮風と共にどっちで撮影したのかは飛んでいってしまいました. EXIFにどのモードで撮影されているのかわかるようにすべきだと思います. ASのON/OFFについてもです. この二点については強く強く強く変更すべきと抗議しておきます.

コンパクトカメラと違って,どのレンズを用いて撮影したのかの情報はより重要です. EXIF Readerの吐出したASCII テキストファイルを参照できるように するだけでなく,Webページに埋め込みました. ページは長くなりますけど,可読性,利便性は増すはずです.

                 露出時間 : 1/1000秒
                レンズF値 : F8.0
           露出制御モード : マニュアル設定
                  ISO感度 : 250
       オリジナル撮影日時 : 2004:11:23 13:03:00
           対象物の明るさ : EV12.3
               露光補正量 : EV0.0
                  開放F値 : F2.8
       自動露出測光モード : スポット測光
                     光源 : 昼光
               フラッシュ : 発光禁止
         レンズの焦点距離 : 50.00(mm)
               撮影モード : マニュアル
   ホワイトバランスモード : マニュアル
   レンズの焦点距離(35mm) : 75(mm)
             コントラスト : 標準
                     彩度 : 標準
             シャープネス : 標準

今後のことも想定して,モノクロ輝度ヒストグラムとカラーRGB別輝度ヒストグラムも 連結して一つのGIFファイルにする予定です. その結果,TCPのコネクションが2/3に減るはずです.

自戒のために失敗作品も載せておきます. ピンの甘いのもありますが,ご容赦ください. 後日,失敗作はハードディスク・スペース確保のため削除します.


[Top]