[Top]

AF Zoom 17-35mm/F2.8-4(D) 周辺減光評価しました.


露出時間 : 1/1000秒, レンズF値 : F2.8, レンズの焦点距離 : 17.00(mm)

α-7 DIGITAL と同時に発売されたAF Zoom 17-35mm/F2.8-3.5(D)の 周辺減光を評価しました. 広角レンズです.絞って撮影するのが当たり前です. とはいうものの,レンズの基本性能を知っておくのは大切なことです.

撮影条件は以下の通りです.

元画像は以下の通りです. PC上の画面表示を肉眼で見て減光を確認することができます? 私にはできませんでした. 例によって,元画像を縦1/4,横1/4の合計1/16に縮小した画像を元に 輝度を測定しました. 縮小画像の上から20画素の位置を水平方向に左から右へ切り取りました. グラフの横軸は縮小画像の水平位置に対応しています. 縦軸はRGB各輝度の単純平均値(R+G+B)/3です.

測定結果発表

極めて優秀です. でも輝度変化から判断すると,それなりに減光があるようです. もし減光を気にするなら,明るい被写体を狙うなら, F10まで絞ったほうが安全なのかもしれません. 絞って暗くなってもAS(Anti-Shake)があるから安心?ですね.

後日35mmフィルムでも同様に評価してみる予定です. あまり期待しないでください. このレンズは周辺減光を測定するために購入したのではありません. 所有するレンズの最広角側です. バシバシ撮影に使いたいと思います.



[Top]