[Top]

画像データ処理結果の公開許可取得済み

ゾーン切り替えは有効か?

コニカミノルタ公式ページ「その他ハイパフォーマンス機能」の 「ゾーン切り替え機能」 の撮影例の画像の輝度ヒストグラムを調べてみました。 著作権上の理由から、元画像をヒストグラム作成後、削除しました。 元画像は上記、ページをご参照ください。 なお、α-7Dと、α sweetDとでは、若干仕様が異なります。 EXIF情報から、ゾーン切り替えを使ったのか使っていないのかわかりません。 従って、ISO:80とISO:250にしたほうが良かったかもしれません。 あるいは、任意のISO値で利用できたらもっと良かったのかもしれません。

個人的な感想です。 顔の露出を基準で考えると、、、 ほぼ同じにも関わらず、それぞれ明るい側、暗い側に階調表現が延びているような 気がします。気がするだけかもしれません。 写真中のどこの部分が、ヒストグラムのどこの部分に対応しているのか、分かり難いです。 これはヒストグラムだけでは、露出が決定できないことを意味しています。
[Top]