EXIF内GPS情報とグーグルマップ連携記念
大場城址公園にて森林浴

EXIFに含まれているGPS情報からグーグルマップへのリンクを生成する 小さなプログラムを作りました。 それを記念にて100/2.8マクロを付けたα77をカバンに詰めて 自転車にて近所の大場城址公園までひとっ走りしました。 さあ、便利になりましたでしょうか?

何か今日はカメラの動作がいつもと違っていました。 何か反応が遅いと、、、まあ気のせいかなと思っていました。 途中でAモードになっていることが発覚。orz。モードダイアルなんて 普段めったに触らないから、気付きませんでした。

カメラの電源を入れてしばらくは、まだGPSの受信状態が不安定なのか その出力が得られないみたいですね。 うーむ、撮影を始めるぞと気合を入れるはるか前に電源ONする習慣に すべきなようです。

近所にこんなに緑が沢山あるなんて、幸せです。この田舎感がたまりません。 風向きによってはほのかな「有機農法」の香りのする。 ちょっと歩けば、牛さん、豚さん、馬さん、イノシシさんに当たる感じが いいですね。 これで運動量が増えて体重が減ることを期待します。食べる量は現状維持とします。 ちょっと都内までは50分ほどかかりますが。。。まあもうしばらくここに 住んでみましょう。

α77で撮影すると、EIXFに以下のGPS情報が記録されます(禁止することもできます)。 単位が判りにくいですが、度(degree)、分、秒にそれぞれ分けて記述されています。 Nは北緯、Eは東経です。

$ exiftool -S -GPSPosition DSC01497.JPG
GPSPosition: 35 deg 21' 44.83" N, 139 deg 27' 0.26" E
一方、グーグルマップは以下のように、実数にて北緯を正数で南緯を負数で表現します。 同様に、東経を正数で西経を負数で表現します。 角度の表記方法を換算し、それなりの文字列に変換するだけでEXIFのGPS情報からグーグルマップに ジャンプすることができます。 分の値は1/60倍して加算し、秒の値は1/3600倍して加算すれば「全て単位は度」に統一したことになります。 あとはグーグル先生が解決してくれるのです。すばらしい、グーグルが。
http://maps.google.co.jp/maps?q=35.362453,139.450072

参考URL:

ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 17:05:00 March/03, 2012