SAL85F28 85mmF2.8 SAMを試しました(その3)
湘南海岸、烏帽子岩の向こうに沈む太陽
夕日に向かって走ろう


THM01809 THM01816 THM01820
THM01839 THM01849 THM01879
THM01884 THM01904 THM01918

本日は2012年3月11日です。 あの東日本大震災のきっかけとなった大地震から1年が経ってしまいました。 震災はまだ終わっていません、福島の原子力発電施設でも、かろうじて安定しているだけです。 あんな天災、人災に見舞われても、かの地を離れようとしないで、頑張って生きている方々が 沢山おられます。 海の幸、山の幸があるんだから、自然が牙を剥くこともありうるし、それと付き合って いかなければならないんだという覚悟なんだと思います。 数1000年、数万年前にこの小さな島に辿りついた先祖の判断を尊重するしかないと。 そんな思いがあって、本日の被写体として大自然である海と太陽と空と雲と風にしました。 85mmF2.8を装着したα77 を持って海へ江ノ島へ向かいました。

今回の課題は水平出しです。 後からPCで傾きを直すという手もあるのですが、まあ、それは最後の最後の最後の手段です。 折角、EVFにグリッド表示機能があるんだから、それだけをたよりに頑張ってみました。 傾いたものは消すのみという判断で、多めに撮りました。 先の撮影実験結果から、F8.0より絞らないように心掛けました。 全撮影枚数は176枚、そこから削除したのが25枚、差し引き151枚が残りました。

取捨選択中に中央よりやや左、 下側に斑点があることを発見。 レンズ(プロテクター)にはゴミはなし、 撮像素子にゴミがついたみたいです。 慌てないで、取り扱い説明書に従って「カメラで自動クリーニングを行なう」実施。 一瞬、ゴーという振動がするだけでした。 ノートPCの液晶画面を真っ白にして「なんちゃってホワイトボックス」状態にして、 撮影してみると、同じところに斑点が。。。 再び、取り扱い説明書の「ブロアーを使って清掃」を実施する。 そして、再びノートPCの液晶画面を撮影、今度こそゴミは取れました。

清掃前 話題のTLMを跳ね上げて
自動クリーニングでも改善なし ブロアで清掃後
THM01983 THM01984

というわけで、撮る前も楽しくて、撮っている最中も、撮った後も楽しめる すんばらしい α77 です。 イマイチってところも多々ありますが、 それを補っても余りある良い製品です。

以下、今回の撮影で気付いた点をメモしておきます。

ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 23:29:13 December/11, 2016