君の瞳に写る鳥居にうっとりい


THM02178 THM02192 THM02227 THM02282
THM02294 THM02318 THM02196 THM02206
THM02174 THM02195 THM02233 THM02237 THM02251 THM02307


3週間かけてしこんだ仕事が僅か3時間で終わってしまいました。 移動と待ち時間が2時間だから実質1時間しか働いていないことになりますが。。。
「果報は撮って待て」とは、はるか昔の銀塩時代、OVF時代から良く言われていることです。 「問題無し、もう帰っていいよ」ということになりましたから、また江ノ島へ出かけました。

今回は Minolta AF 100mm F2.8 Macro (D) の1本勝負です。 現地到着は、16時過ぎとなりました。なにせ一旦自宅へ戻って、PC機材を置いて、 着替えて、カメラ機材を抱えて、神奈中バスと小田急というパターンになってしまいましたから。 梅や桜のつぼみを撮る予定でしたが、思いのほか風が強いです。 急遽、予定を変更して、猫を撮ることにしました。

今回の目標は瞳にしっかりフォーカスするです。 もちろん、構図も露出もそれなりにです。 日没まで2時間ちょっとしかありません。撮影地点は島(山)影です。 ISO100から200へ、200から400へと暗くなるにつれて、上げていきました。 もう限界か?となったところで絞り全開放で、明るさを稼ぎました。

地元の方々と、猫ボランティアの方々と、 「猫が大好きな女の子たち」を猫談義に花を咲かせながら、 クシュクシュ(シャッター音)と撮りました。 さあ、ちゃんと撮れていますでしょうか? 猫の瞳に鳥居が写り込んでいれば合格です。 桜咲くです。 受験生の皆さん、おめでとうございます。 あれ、ちょっと違うか。。。 グリッド表示は方眼を多用しました。それを通してご覧ください。

ボランティアよりのお願い:
猫に餌を与えるのはかまいませんが、残った餌はちゃんと持ち帰りましょう。
カラスがそれを狙っています。
結果的にゴミが散乱することになってしまいます。

以下、α77買ってからの初めての マクロの猫撮り反省、カメラの使用感、メモです。 自身のために恥を覚悟で書き残しておきます。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 23:21:28 March/17, 2012