スターレットモデル撮影会 Part2
初めての「野外で個人撮影会」


当Webページ上の写真の全ての権利は、モデルさんとスターレットさんとモデルさんの所属事務所に帰属します。
上記関係者を除き、保存目的のダウンロードやプリントや再配布を禁止します。
THM01995 THM02004 THM02015 THM02160 THM02013
THM02007 THM02009 THM02080 THM02145 THM02153 THM02157

昔々、α-7銀塩時代に購入した minolta 85mmF1.4(G)レンズと、 つい先日購入したばかりの SONY 85mmF2.8(はじめてレンズシリーズ、ヨドバシにて税抜き24,800円) とはどれくらいの差があるのでしょうか? これを試すにはモデルさんで撮り比べるしかありえましぇん(金八先生風)。 というわけで、大義名分を達成するために 撮影会スタジオStarlet(スターレット)の個人撮影会に 挑戦してみました。 モデルさんは前回の第二部と同じセイサさんにお願いしました。

個人撮影会の基本料金は50分で9,000円です。 ところが、平日昼間割引を利用すると、 100分間で1万円です。 モデルさんそれぞれによって細かな条件は異なりますが、 ほとんどの場合に撮った写真を 撮影者自身のWebページやブログにて 公開することができます。 その写真をスターレットさんのWebサイトに アップロードすることが歓迎されています。 モデルさんによっては自身のブログ用に欲しいという方もおられるくらいです。 さらに許可が得られれば外での撮影も可能です。 この場合1,000円/50分の追加コストが発生しますが、 それでも大都会の小さな自然の中で撮影できるんだったら全然OKです。

平日の昼間だから空いているはずと、でも念のため予約してからお邪魔しました。 がしかし、満員御礼で、二つあるスタジオはフル回転、カフェも貸切状態でした。 私よりずっと若いお兄さん達が、 私よりずっと大きなカメラとレンズで撮ったばかりでした。 その写真を iPad でモデルさんと鑑賞中でした。指先一本ですいすいと。まじ早い。 日本の未来は明るいと思いました。でも中身も日本製の製品を使って欲しいものです。 デジタル世代の若者にどんどん頑張って欲しいものです。 内需拡大あるのみです。

前日の夜に、 グーグルマップで新宿、大久保駅周辺で緑地を探し (永遠のライバルと云われている) 早稲田大学理工学部の近くの「戸山公園」を発見していました。 そこまでの距離は1km未満です。そこを撮影会場として選びました。 当日、スタッフ、モデルさんと相談して無事許可を得ることができました。 私は方向音痴なのですが、モデルさんはもっと方向音痴であることが 途中で発覚しました。もう時計の針は回り始めています。チクタクチクタク。 タクシーを拾ってなんとか無事到着しました。

まだ撮影開始していませんが、もう疲れてしまいました。チクタクチクタク。 というのは嘘で、カメラ電源入れてGPSを受信して現在位置が 確定されるまで少し休憩しながらテスト撮影の開始です。 最初の1コマにはGPS情報はまだありません。2コマ目から座標確定しました。 日向、日陰、ポーズを決めて、歩きながら撮りました。 レンズを交換しながら撮りました。チクタクチクタク。 途中、黒猫を追いかけたりと、、、。チクタクチクタク。 ブランコで撮ったりと広い公園の極々一部分だけを 使ってタイムアウトです。最後、もろ逆光下で 大木の陰から何枚か撮りました。チクタクチクタク。

ここに来るまでも大変でしたが、帰りはもっと大変です。 タクシーが走っている広い通りまで自力で移動しなければ なりません。 記憶を辿って、来た(はず)道を戻っていると、はるか彼方に 大通りを発見、なんとかタクシー捕まえて 「大久保駅まで」と告げて運転手さんに「Uターン」してもらって 駅まで無事到着。そこは大久保駅北口でした。 そこからまた少し歩いて南口、そして無事スターレットさんに到着です。 まだ5分も余裕がありました。ふう。 スタッフさんに挨拶して急いで撤収です、 戻ったら地獄のような写真の整理が待っています。

以下、初めての野外個人撮影会の反省、カメラの使用感、メモです。 自身のために恥を覚悟で書き残しておきます。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 10:13:26 March/15, 2012