夜の横浜MM21
三脚にも関わらずASオンのままでした


THM02989 THM02998 THM03045
THM03072 THM03099 THM03145
THM03173 THM03182 THM03272


注意:
今回はあくまで、ISO高感度時のノイズの出方を調べるのが目的です。
そもそもISO100でちゃんと普通に撮影できるのに、わざわざISOを上げて撮っています。
実用性はそもそも無視しての撮影です。

本日、2012年3月27日、ISO100から16000までを撮り比べるため、 夜の横浜へ三脚を片手に向かいました。 レンズはα7銀塩を買ったときの Minolta AF 24-105mm F3.5-4.5 (D) だけです。

帰宅後、手ぶれ補正(AS)がON(ImageStabilization: オン)だったことが判明しました。 このα77は、ASのON/OFFを設定するところが2箇所あります。 静止画用と動画用です。 OFFに切り替えたはずだったのですが、それは動画用だったようです。嗚呼。
なぜ、静止画用と動画用と独立してASをON/OFFできる必要があるの?ソニーさん
両者共通でON/OFFでいいじゃないの?
と自分の不手際は三脚じゃなくて棚に上げて、メーカーを責めておきます。 もう一回撮影に行こうかな?


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 00:16:39 March/28, 2012