Photo Session ZERO-POINT
モデル野外撮影会@迎賓館周辺 へ参加しました





撮った写真を公開できるという条件の撮影会は東京都内でも少ないです。 そんな中、先日出会ったばかりのモデルさんからの紹介で ZERO-POINT (代表:松澤彰義さん)主催の撮影会に参加してきました。 今回は野外です、α77をゲットしてから初の モデル野外撮影です。

当初は、70-200/2.8のズームの一本勝負を考えていました。 たまたま金曜日にDT 35mm F1.8 SAM を買ってしまい、 翌土曜日に試したら写りが良かったのです。 そこで急遽変更し買ったばかりの 35mm と 既存の50mm/1.4(非D対応)と85mm/1.4の3本兄弟としました。 前夜から準備バンタン、期待バンバン、バッテリー充電100%でした。

湘南台から新宿までを小田急で、そこから中央線にて四ツ谷までと計1時間くらいでした。 現地JR四ツ谷駅赤坂口13:30集合の予定でしたが、13時前には到着してしまいました。 初めての四ツ谷です、ちょっと撮影予定地を下見して、かの迎賓館を記念撮影しました。

そして改めて駅に戻ると、それらしき人が三脚広げて腕章付けて電車を撮っていました。 ん?芸風が違うと、改めて奥を探すと、これまたいかにもそれらしい人がそれらしいカバンを持って 待ち合わせ中でした。声をかけると案の定、主催者の松澤さんでした。 色々と撮影会情報、モデル情報のお話をしていると、 じゃじゃーん、、、新進気鋭のスーパーモデルを目指しているセイサさんが到着です。 甘いものを調達して、いざ撮影ポイントへ出発です。

参加者は私を含めて3名の少人数撮影会でした。やはり?皆さんCanon派でした。ズームの白レンズで狙う人、 単焦点で狙う人それぞれでした。 松澤さんの的確な立ち位置や、ポーズの指示のもと、折りたたみ式白レフ板(発砲スチロール製)を当てながら の撮影でした。 途中、カメラ談義、撮影談義に盛り上がって、モデルさんをほったらかし、誰も撮っていないという 場面も時々あるような、カメラ好き、撮影好きのお兄さん達(年齢的によいしょ)でした。 セイサさんごめんなさーい。 今回はα77グリッドライン対角を被せて 撮った写真を載せることにしました。 α77を既にお持ちの方、ご購入予定、ご検討中の方に限り、グリッド単体はご自由にお持ちください。 グリッドの使い方はこちらへどうぞ。

当日の天気は降水確率20%の曇天でした。 がしかし、時々雲の隙間に青空が、、、日が射して影が写ることもと、ホワイトバランス(WB) 泣かせのころころとした条件でした。 途中、WBを切り替えるのをすっかり忘れているコマがあるかもしれません。 せっかく、一生懸命WBのアルゴリズム、パラメータを作ってくれた開発担当者さんすみませんです。 「あれれ?WB間違ってませんか?」とEVFのど真ん中に表示する機能欲しいです。 ついでに「あれれ?露出思いっきりはずしていませんか?」と表示する機能も欲しいです。

撮影は楽しい、野外撮影はもっと楽しいと感じた、 まだ寒い2012年2月最後の日曜日でした。 松澤さん、モデルのセイサさん、ご一緒できた参加者の お二人さんありがとうございました。
暴れ馬のようにまだまだ振り回されているんだけれども撮ってて楽しいカメラでした。 AS内蔵です。 だからというわけではありませんが、目指している方向はブレていない、 ブレても大丈夫とと自信を持って次のカメラを世に送り出してください。 SONYさん!!!

本日の気付いた点、反省点(まだまだ加筆中)
お願い:
当Webページ上の写真の全ての権利は、モデルさんとモデルさんの所属事務所(以下、関係者という)に帰属します。
関係者を除き、保存目的のダウンロードやプリントや再配布を禁止します。
関係者を除き、各写真への直接リンクもご遠慮ください。
私自身のITスキルを磨くために、自宅サーバー(計8台)にて本サイトを運用しています。
過度なクリックや連続あるいは一括ダウンロードはご遠慮ください。
節電協力のため、予告無くサービスを停止することがあります。そのときはひたすらお待ちください。

各明暗の差がわかるように画面の明るさを調節してください。

ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 21:12:00 February/28, 2012