和風スタジオにて Pluchra撮影会(2015.07.04)
モデルはmoca*さん Part VII
衣装は浴衣デフォルトです

JPEG撮って出し版
当Webページ上の写真の肖像権、使用権は、モデルさんとその所属事務所に帰属します。
機材性能評価の目的を除いて、プリントや再配布を禁止します。
ツールによる一括ダウンロードはご遠慮ください。だめです。

都営大江戸線「蔵前」下車、徒歩10分、東京スカイツリー近くの和風スタジオ 宮川亭にて
プルクラ撮影会主催の 個人撮影・撮影会にて練習してきました。

既に予約で満員御礼状態でしたが、 直前にキャンセルによる「急募」があったので、
moca*さん (*は発音しないのが正しい)を、第2枠(10:40-11:40)にて、 撮影させていただきました。
「浴衣で最後」の約束の日がこんなに早く訪れるとは思ってもみませんでした。

使用レンズは50/1.4ZAの1本勝負です。
台風、9号、10号、11号が同一週に発生して、日本に接近中です。 まだその影響はありませんが、梅雨のど真ん中です。
室内の撮影ではありますが、悪天候中の移動なので、機材は防滴のものだけとしました。

今回は、新たなカラーパッチ、色見本として、 Datacolor Spyder CHECKER 24 を使って撮影してみます。
片面が24色で、反対側がグレーカードになっています。 1枚で、裏表で使えるものです。

せっかくの休日なのに、いつも以上に早起きして、湘南台から快速急行に飛び乗りました。
新宿駅を歩いていつもの都営大江戸線に乗り換えて蔵前です。 もう迷子にはなりません(笑)。
現地到着は30分前です。 そして、じゃじゃーん、moca*さん浴衣姿でご登場です。
浴衣に合う扇子を選んでいただいて、浴衣にあう手ぬぐいを選んでいただいて、撮影開始です。
今回もほぼ満員御礼状態で、撮影場所の熾烈な?和気あいあいとした奪い合いです。

まずは、誰も居ないノーマークな1Fの和室から撮り始めです。 天井の昭和ライクな蛍光灯が唯一の照明です。
背景はふすまです。ふすまの向こうはモデルさんの控室です。 もち、男子禁制です。
平成生まれのモデルさんには目新しい?4本脚、回転式式チャンネル
(チャンネルを回すというのは死語か?)を備えた白黒TVが鎮座していました。
ふすまを開けるフリ、開けていけないふりをしていただきました。
そう、髪飾りがあることをこのときにやっと気付きました。すみません。

そして、赤い絨毯の急な階段を上って2Fへ移動です。 わあ、ここは人気スポットでした。
足元で横たわっている水着モデルさんを気にしないで、撮影できるところを探します。
ふすま越しの光、窓ガラス越しの光をつかって、フラッシュ無しで撮りました。
障子のそばの自然の光で撮ったコマがいいですね。背景の室内の光のぼけもいい感じ。

座イスの上に「魔女の宅急便」風に座っていただいて、裾を直してもらって撮り直したけど、
直さないほうが「いつもらしさ」があっていいかも?
手ぬぐいで汗ふきポーズ、涙を拭くポーズ(泣かしたわけではありません!)、
むぎゅっと握りしめて「怒りんぷー」とか試させていただきました。

肘掛にもたれかかって「悪代官」も演じていただきました。
そろそろ「後5分です」のコールがこだましてきました。
ライトスタンドに向かって横顔を撮って撮影終了です。
例によって、撮ったコマ現地レビューを徹底しました。
さあ、日本代表?の浴衣美人の後は、 次はロシア出身のプロモデルアリーナさんの撮影です。

追伸: Datacolor Spyder CHECKR 24のお勉強にmoca*さんのデータを活用させていただきます。
より正確に本物の色が出せることを期待します。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 11:55:53 July/20, 2015